婚活サイトを使って新たな出会いを探す日記

婚活を成功させたいあなたにむけて是非とも実践してもらいたい3つの方法

婚活サイトを使って新たな出会いを探す日記

 

婚活、今や誰もが知る言葉になりました。街コンやお寺婚など、出会いの場を街全体で提供してくれるようになってきています。では、そういう機会が増えている今だからこそ、理想の結婚相手を見つけてゴールインしたいですよね。そこで、今回は婚活を成功させるための秘訣をお伝えします。

 

1、理想像を明確にする
婚活の場合、婚活パーティに行ったり、婚活会社に登録すると出会いのチャンスは増えます。ただし、たくさんの人と出会っても、どんあ人が理想かが明確でなければ、なんとなくでOKしてしまい、なんとなくで結婚してしまい、こんなんはずじゃなかったと後悔することもあるかもしれません。まずは、見た目や性格、自分の譲れないことなどを書き出してみてください。例えばソース顏と醤油顏、スポーツマンと読書家、独立して動きたい人と一緒に行動したい人、家事を分担したい派か家事を女性にしてもらいたい派、外交的か内向的か、それぞれ優しい人でもタイプが違います。明確にすることで出会った時の会話の内容が相手を知る会話をしてしまい、理想の人か見極めていくことができます。

 

2、外見を磨く
何と言っても第一印象です。見た目の印象はとても大切であるため、外見を磨くことは大切です。見た目といっても、パーツを変えることではなく、笑顔を意識したり清潔感ある服装、清潔感と可愛いメイクなど自分を可愛く見せることもとても大切です。

 

3、内面を磨く
第一印象がクリアすると次は内面です。内面といっても大事なのは思いやりとコミュニケーションです。例えばあなたが選ぶとしたら、自分自分の人と相手を思いやれる人どちらですか?会話の基本は聞くことです、人は話を聞いてくれる人に満足感を得るそうです。まずは聞き上手を目指しましょう。しかし、聞いてばかりも自分の意見を言えず自分も楽しくないし相手にも自分を知ってもらえないでしょう。聞いて少しづつ自分の話もする。その繰り返しです。

 

でも、聞き上手なんて無理って人もいます。なぜ聞き上手になれるかの基本は、相手に興味があるかです。相手がどんな人でどんな考え方を持っているか知りたいという気持ちが自然と聞く行動につながります。この3つのポイントをふまえて、出会いの場に行ってみてください。きっと何かの出会いが変わること間違いないでしょう。

 

 

人生、何が起きるか分からない、あの日選んだ道はここに繋がっていた。

婚活サイトを使って新たな出会いを探す日記

 

私自身のやり方でいうならば、婚活サイト 口コミというサイトを利用しました。でも、どのサイトがいいか分からずに普通のSNSをやっていて、そこであるサイトを教えてもらい始めた。今は、婚活パーティーより、出逢い系サイトかもしれない。消極的な人に対しては、出逢い系サイトをオススメします。メールでやり取りしながら電話でって言う順番だから。パーティーだと直に顔見て話す事が難しい人にはキツいと思う。

 

私の場合、ある流れに身を任せた感じ。SNSでサイトを知り始めて、そこで知り合った。見えない何かに導かれたのかもしれない。だから、まずは、SNSとかから始めてみるのもいいかもしれない。どんな風に導かれるかは分からないけど。私は、実際その人と結婚しました。

 

私の周りでは、そういう人多い。出逢いがないなら、サイト利用してみるのもありかもしれないね。色々なタイプの人居るし。話すだけでも、もし、パーティーに行くなら勉強やリハビリになるからね。私は、目を見て話せないから、正直、あの日サイト利用して、ある人にメールしてみて良かったなぁと未だに思う。一期一会で終わらせない為にもパーティーより、サイトを推します。

 

大手のサイトもあるから安全だし、やらないよりはいいかもって思う。豆知識として、女性は無料だし、ポイント貯まるとお金に変えられるサイトがあります。メールしながら、お金も貰えていい人も見つかったら最高だと思う。婚活に、力入り過ぎると何故かいいい出逢いが遠のいて行く気がする。理想が高い人ほど、婚活が長引く。自分に見合う人を探した方がいいし、長く続く。

 

婚活パーティーだと外見を先に見てしまうからダメなんだ。サイトだとメールして中身体から、私はいいと思う。外見で決めても結婚まで至らないケースが多い。婚活パーティーでは、その日話す内容さえ考えておかないといけない。サイトのメールなら、友達感覚でずっとメールしていられるし、内容を考えなくてもいいから。

 

 

婚活って具体的に何をしたらいいんだろう…

婚活サイトを使って新たな出会いを探す日記

 

婚活という言葉を最近よく耳にしますが、具体的に一体何をしたらいいのかいまいちはっきりわかりません。結婚相談所に入会する人もいれば、コンパに励む人、街コンやお見合いパーティーなどにたくさん参加する人…手段は様々です。いろいろなシーンで見事結婚へと導けた幸運の持ち主もいれば、もう婚活始めて◯年。という人もいます。

 

婚活と言われ始めてから、より一層年齢も男女問わず婚活をしているように感じます。婚活という言葉が出る前もコンパやお見合いは存在していたので何が違うの?と思われる人も少なくはないと思います。私が思う婚活とは、周りの人にオープンに婚活をしているという事が出来る、独身で相手を探しているとアピール出来るのではないかなと思います。また、婚活という言葉が出来てから、その言葉をビジネスへと繋げているのが街コンであったりお見合いパーティー、結婚相談所ではないかなと感じています。街コンは地域の活性化にも繋がるので婚活という言葉が生まれて地域の人にとってはメリットが大きいではないかなと思います。

 

婚活のイメージとして女性の方が婚活をしている率が高いのかな?と思いきや、男性も多いようです。若干女性の方が手際よく、ハキハキと楽しそうに友達と活動していると思います。逆に男性は友達で活動している人もいますが、一人で活動されている人が多いように感じます。どちらも本気で取り組まれているとは思うのですが、男性の方が一人で参加している事もあり、熱意が女性よりも伝わる気がします。女性のパワーに負けずに男性はどんどん女性にアタックして婚活を充実させてほしいなと思います。

 

婚活に対する考えを述べてはいますが、婚活とはこれをしていれば正解、これをしてしまうと間違いという物はないと思います。おそらく、婚活を楽しんでしながら、素敵な相手を見つけ、素敵な結婚へと導ける人を探せたら、そして結婚出来たらきっとそれが婚活の正解なのではないかなと思います。

 

 

「婚活」にちょっぴり疲れてしまったあなたへ送る、3つのアドバイス。

婚活サイトを使って新たな出会いを探す日記

 

気がつけば周りの友人がどんどん結婚していったり、「私なんかまだまだだよ」と言っていた親友に素敵な彼氏ができていたり。結婚は何歳でする物と決まっている訳ではありませんが、やはり周囲と比べて焦ってしまう事ってありますよね。「婚活」といっても、様々な形があると思います。実際に婚活パーティーへ足を運んでみたり、周囲の人たちに、「良い人がいたら是非紹介してね」と公言してみたり。

 

しかし、頑張ってはいるものの、なかなか意中の人に出会えずに、めげそうになる事もしばしば。結婚相手というのは、一生を共にするパートナーですから、なかなか簡単にはいかなかったりしますよね。今回は、そんなちょっぴり婚活に疲れてしまった方へ、筆者の体験談を書いてみました。

 

1..あまり自分のハードルを上げすぎない
婚活パーティーや、友人に紹介してもらった人と初めて会う時、やはり大切なのが「第一印象」。いつもよりメイクやファッション、自己紹介を書く欄なども気合いが入りがちかと思います。しかし、最初に好印象を持ってもらえても、次がプレッシャーになってしまうかもしれません。いざお付き合いができる事になった時に疲れてしまっては、素の自分を出せなくなってしまいます。

 

実際に、友人が経験したケースでは、婚活サイトに載っていた相手の写真が、実際に会ってみるとかなり昔の写真だったらしく、そのあとの空気が気まずくなってしまった事が。あまり気負いしすぎては、心が疲れてしまう一方。ありのままのあなたでチャレンジしてみて。

 

2..どんな男性と出会いたいのか、もう一度自分の中で確認する
タイプ、といっても人それぞれかと思いますが、婚活パーティーなどは、少ない時間の中で相手がどんな人なのかを知らなければいけません。せっかく気になる人がいても、相手の条件が自分に合わなかった、となると残念ですよね。後から悩むより、まずは自分がどういった人と結婚したいのか、整理してみる事も大切です。

 

3..少し疲れた時は、違う所に目を向けてみる
勉強や仕事と違い、努力した分必ず報われるとは限らないのが婚活。少し疲れてしまった時は、頑張りすぎず、違う所にも目を向けてみましょう。例えば、趣味の時間を充実させてみる。思い切って習い事を始めてみて、そこで共通の趣味の方と出会いがあるかもしれません。友人同士でも、共通の趣味があるだけで緊張している空気が打ち解け、話が弾む事はよくありますよね。もちろん、出会いの為だけではなく、たまには婚活の事を忘れて思いっきりリフレッシュする事も大切です。

 

「結婚」は、人生において大きなターニングポイント。やっぱり誰もが最高の相手を見つけたいものですが、頑張りすぎて心が疲れてしまった時は、一度休憩して、無理しすぎないようにして下さいね。たくさんの素敵な出会いがあることを願っています。

 

 

やはり男性は見た目重視?婚活バーでの意外な楽しみ

婚活サイトを使って新たな出会いを探す日記

 

私が婚活を始めて半年。同じく婚活中の友人といろんな婚活バーやパーティーに参加しましたが、ある婚活バーでの出来事。そこは大阪某所にある婚活バーで、客層は20代半ばから、50代くらいの人までさまざま。お店のシステムは、男性1人での来店なら、1人で来ている女性と相席と言った感じに、来店人数に応じて、同じ人数で来店している人と店内のテーブルに相席になるよう、ドリンクを持って店員に案内された席に移動する。

 

着席してから2分間の制限時間があり、その間にいろいろ話たり、連絡先の交換をしたりを、いくつものテーブルで繰り返し行う感じです。私は友人と2人で行ったので、友達と2人で来ているという、若い男性2人組のテーブルに通されました。席に着くとそれぞれの軽い自己紹介をし、軽く話た後、しばらく沈黙。そのまま2分が経ち、テーブル移動。私も緊張していたので、あまり話せず、最初はこんなものかな?と思っていましたが、次のテーブルで問題が発生。

 

それは、また先ほどと同様に若い男性2人組のテーブルに通された時。その男性達は、見た目はおとなしそうな雰囲気で、軽い自己紹介を済ませた後、しばらく沈黙。すると片方の男性がスマホで何かを打ち、それをもう片方の男性に見せた途端、「友人が待ってるので、すみません」と、そのまま1分も経たずにその男性2人は店を出て行ってしまいました。そんなに私たちの容姿が悪い!?と、私たちはショックを受けました。正直、私たちはとても美人という訳ではないですが、どの席も盛り上がりを見せているのは綺麗な女性の席ばかり。

 

その後も何席かのテーブルに着きましたが、婚活バーに来ている人はみんな、見た目で判断しているんじゃないか?真面目に出会いを求めている人が少ないのかな…と言う印象でした。当然、そこで知り合った気の合う人と結ばれる人もいるかと思うので、一概には言えませんが。ちなみにその婚活バーでは、バーテンのお兄さんと、テーブル案内待ちのカウンター席で話している時が一番楽しかったです(笑)カウンター席に戻るたびに「おかえり!」と、笑顔で返してくれるのが嬉しかった(笑)癒される!

高収入の男性を年収を聞かずに婚カツで見つける方法

 

婚カツは結婚につながる出会いを求める行動、活動などを指しますよね?婚カツパーティーに行ってもどんな事を聞いたら良いのか、どんな聞き方をすれば聞きたい事が聞けるのかなど悩みますよね。慣れてくれば、どのようにすれば良いよかわかってくるのでしょうが手解きが欲しい所です。

 

そこでなのですが皆さんにお聞きしたい事があります。婚カツで気になる事ってなんですか?相手がどんな相手なのかなって事ではないのでしょうか?結婚となると外見や性格だけでは生活が成り立ちません。やはり気になるのが年収!でしょう。

 

でも、初めて会う相手に仕事内容は聞けても「大体、年収はお幾らくらいですか?」なんてストレートに聞いたら男性は引いてしまいます。

 

  • こいつ、金目当て?
  • 結婚したらこわいそう
  • 他の子探そ!

 

なんて思われてしまいそうです。そうならないように上手く相手の年収を聞き出す方法があります。それは、何処に住んでいるのか一人暮らしかマンションなのか等を聞けば大体の不動産の情報を知ればその辺りの家賃が分かり、そこから年収が導き出せるという方法です。

 

家賃がおおよそ分かったらその家賃×3が月収。月収×12で年収となるわけです。

 

男性は「一人暮らしなの?」や「どこに住んでるの?」「おしゃれだから、カッコいい部屋に住んでるんだろうな~」等聞かれる分には、もしかして、この子俺の家に来たいのかな? 誘われてる? 脈ありかな?など期待をする為、嫌な顔をせずスラスラと答えてくれる事でしょう。それによって、相手を不快な気持ちにさせず、こちらの目的が達成できる訳です。

 

こっそり、目的が達成できれば結婚相手をより良い条件で見つける事が可能になってくる訳です。しかも、相手に好印象を与えつつ笑顔で聞く事ができれば意中の相手であり高収入の相手を見つけたという事では、その日の婚カツは合格?ではないでしょうか?あとは、お二人の相性もあるのでどうなっていくかは、ご本人次第ですがこんな裏技を持っているのって良いデータになりませんか?試してみる価値ありだと思います。

続きを読む≫ 2016/02/10 11:09:10

婚活パーティーのプロ?初対面でインパクトのある男性

 

婚活中の友人と、大阪某所で開催された婚活パーティーへ行って来ました!主催会社がちゃんとあって、真面目な雰囲気。会場は、女性と男性の列があり、長いテーブルに座り、スタートと同時に2分程で軽く会話をし、時間が来たら男性が席を横にずれて移動しながらそれぞれの女性と会話するシステム。

 

会場では最初に、好きな食べ物や趣味などの軽いプロフィールを書く自己紹介カードを記入。スタートしたら、お互いがそのカードを交換。それを見ながら自己紹介するのですが、1番最初に同席になった男性が開口一番に「時間がないので手早く説明しますね!これが○○で、これが○○、それから…」と、手早く自己紹介カードの内容を説明。その瞬間、すごい慣れてるな…と、若干引いてしまいました。

 

営業さんのトークがうまい!とかとはまた違ったトーク力を感じました。その次は、職業がお医者さんの男性と同席に。スタートと同時にいきなり、「出会ってから恋に落ちるのは早いですか?遅いですか?」と。私は質問の意図がわからず困惑。なんだかふわっとした回答をすると、その後何も話さないまま、席移動になってしまいました。ちなみにその男性は、私の隣の席の人にも同じ質問をされてました。(席が近いから会話内容が筒抜け)

 

その後、職業も年齢もさまざまな、約15名程の男性と会話をしましたが、どの人もありきたりな会話をし、無難な感じでした。唯一話していて楽しかった男性がいたのですが、他の男性参加者がスーツなどのキッチリした服装の中、その男性だけ十字架が大きく書かれたTシャツを着られていて、もし付き合っても趣味が合いそうになかったので、連絡先交換希望のアプローチカードはもらっていましたが、連絡先は交換しませんでした。

 

婚活バーにも参加したことがありましたが、そこよりは真剣に皆さん出会いを求めているのかな。と言った印象でした。婚活パーティーは、今後婚活するにあたって、何度か参加したいなと思いました。"

続きを読む≫ 2016/02/10 11:08:10

婚活をしてる男性は、常識無い人が多い気がします。

 

今の時代は、婚活をする人が多いです。インターネットでのコミュニティでも婚活をする人同士が集うコミュニティが多数有ります。世間では、実際にインターネットでのコミュニティで結婚する人も多数いますので 結婚相談所とか お見合いパーティーに行くより費用も掛からず効率が良いです。

 

以前に婚活をする人が集まるインターネットでのコミュニティで知り合った男性と婚活の悩みをインターネットで話をしたりしてました。お互いインターネットで出会ったのも縁ですので お互いの知人友人を誘って飲み会とかして結婚相手を探すのも良いですね。と話が盛り上がりました。お互いの知人友人の幸せを兼ねてお相手探してあげたりも良いですね。とかも話が盛り上がりました。

 

打ち合わせをしませんか?と大阪梅田に行きましたら 驚いた事に お見合いしたら その日のうちに体の相性を見て交際するかどうか決めたいと言いましたので その男性には紹介できないと思いました。自分の知人友人を そんな価値観の人を紹介できませんので一緒に婚活をしてる人を助ける話とかも無かった事にして欲しいと言うと 逆ギレして来て おまえ 何様やーとか言って来ました。

 

これじやぁ 世間の女性が相手にしないのだろうなぁ と思いましたが、最近 色んな価値観の人が多いですので まともな価値観の人を探すのに一苦労です。結婚してない女性は、比較的 まともな人が多い気がします。まともな女性からしたら 価値観の合う男性が最近いない。どこか おかしな価値観の男性が多いと思うみたいです。

 

価値観の多様化により世の中が乱れてるから 社会出ても 何が常識かがわからない男性も多いです。だから営業させても取引先から相手にされず良い仕事ができず 日本の経済も衰退に繋がってると思います。婚活をしてる男性には、何が常識かを理解させないと 何回 婚活しても失敗するばかりだと思います。常識を持って言動できる男性が増えたら日本の成婚率も上がり 少子化も改善できると思います。

続きを読む≫ 2016/02/10 11:08:10

未婚のアラフォー女子の婚活(ネットと相談所)

 

若い時は、まさか自分がこの歳になるまで独身でいるとは思っていませんでした。学生時代は、そこそこもてていたし、適齢期には、結婚前提でお付き合いしている彼もいました。ですが、結婚とはタイミング!とよく聞くように、彼の転勤による遠距離恋愛、私の持病の悪化、互いの親の体調不良など、様々なことが起きてしまい、私と彼はそれを乗り越えることが出来ず、結婚するタイミングを逃してしまいました。

 

その時は、まだ30代でしたので、すぐに結婚相手が見つかると思い、仕事をしながら呑気に過ごしていました。仕事関係で出会う男性に、素敵な人はたくさんいましたし、気楽に話せる男友達もいましたが、その人達は皆、結婚しているか彼女がいるかのどちらかでした。「普通の生活をしているだけでは、結婚相手は見つからないかもしれない…。」と思うようになり、焦りを感じてきたので、婚活を始めることを決意しました。

 

まずはお手軽に、ネット婚活から始めてみました。ネット婚活では最大手と言われているサイトです。「大丈夫だろうか?」と不安に思いながらの活動開始でした。各種証明書を提出している、大手企業や公的機関にお勤めしている40代の方を中心に申し込みをしてみました。何人かとメールでやり取りをすることができるようになり、実際、5人の方とお見合いすることができました。

 

皆さん良い方でしたが、メールでのやり取りでの印象とは違った印象を受けることがほとんどでした。2人の方とは次にお会いする約束をしていましたが、その後もメールのやり取りだけが続き、いつの間にか自然消滅になってしまいました。ネット婚活だからなのかもしれませんが、お見合いで話していても、お互いにどこか疑っているような雰囲気を出し合っていました。「会費は安くてお手軽だから、続けていきたいと思っていましたが、このまま続けていても同じことの繰り返しで、結婚へつなげることはできないかもしれない。」と思うようになりました。

 

ちょうど、そう感じていた頃に、結婚相談所からの勧誘の電話がありました。普段なら、そのような電話はすぐに切ってしまうのですが、名前は聞いたことがある相談所でしたので、その時は少し長く話を聞きました。とりあえず、パンフレットを送ってもらい、ネットで口コミなども調べ、説明を聞きにいくことにしました。ネット婚活と違って、会費も高く成婚料も発生するので、お金がかかってしまいますが、安心感いう面ではネット婚活よりいいかもしれないし、アドバイザーさんが付いてくれるので話が自然消滅することはないだろう、と思い入会を決意しました。

 

実際に活動を始めてみて、3人の方とお見合いをしました。お見合いをすると、相談所がきちんと管理してくれますので、進みが早いです。ですが、今度は、3ヶ月くらいで結婚を決断しないといけないという決まりがあり、決断できずに困ってしまうということに悩まされてしまいました。ネットに登録している方よりも、積極的な方が多いと感じました。結婚したいと思う方とは、まだ出会えていないのが残念なのですが、婚活が進んでいる感じはしています。

続きを読む≫ 2016/02/10 11:07:10

初めての婚活パーティーでのミスは忘れられない!

 

友人に連れられて初めて婚活パーティーに行った時の話です。男女合わせて50名超えと少し大きめの規模だったため、5名の男性との自己紹介が終わる頃には、もう誰がどんな趣味でどんな話をしたかも正直きちんと思い出せないほどに…。一周する頃にはヘトヘトになってしまい、「好感の持てた方の番号をアプローチカードに書きましょう」というアナウンスを聞いてもみんな同じに見える…と思ってしまいました。

 

ふと友人を見ると、手元にあるメモを見ながら番号をカードに書いているではないですか!いつの間に、とこっそり聞くと、席を動いてる間にいいなと思った人の番号をメモしておいた、とのこと。「早く言ってよ~!」と思いましたが後の祭り。

 

提供されたコーヒーとケーキを食べながら、今度はそのアプローチカードを元に男性が女性の元へと移動していくというアピールタイムへ。私がうろ覚えで書いた番号の方からはアプローチがなく、どんな人だっけ?という方からのアプローチを貰いながらのアピールタイムでした。この時間怖かったのは、男の人が並んで順番待ちをしている席と、動かず自分の席にい続ける男性が席いたことです。

 

順番待ちはわかりますが、ただ自分の席でケーキをつついているだけの男性がいるのはその場が少し白けるというか、なぜ婚活パーティーに来たのだろうと思ってしまうほどでした。私はというと、パーティーの最後行われるカップル成立発表のための提出カードに何番の男性を書こうかと悩んでいました。カップルとして成立してほしいほどピンとくる男性もいないし、せっかくアプローチいただいたし…と思いその方の番号を書いて提出。

 

結果は見事惨敗でした。それでも50名参加のパーティーでカップル成立が3組(そのうち一組が友人)なのは多い方ということで、残りの44名のうち男性は複雑な表情を、女性はケーキを食べられて満足なのか私を含めみんな笑顔で会場を颯爽と後にしていったのが印象的でした。

 

続きを読む≫ 2016/02/02 13:28:02

本気で婚活するなら、最終的にお見合いサイトを利用しました。

 

今は婚活ブームでいろいろな婚活があります。私の時には周りはお見合いパーティなどで50対50で一組1~2分程度お話ししてまた話ししたければ、フリータイムの時お話しすると行った形が多く、私はそのパターンの大人数は凄く苦手で25対25で少人数で5分くらいお話しできるものなどチャレンジしていましたが、なかなかうまくいきませんでした。本当に出会いがないのか、本当に自分より若い人で見た目も可愛らしい人が多く私はなかなか相手にされていなかったと思います。

 

大人数でフレンドリーな感じが少し苦手なので友達同士で行ける、2対2など行けるBARで話す形式のにも参加しました。それだとなんとなく4人で話しできてるような気がしました。たまには自分一人で戦いに向かいました。相手が話し易い人ならなんの問題もありませんでしたが、逆の場合だと自分自身が頑張らないといけない環境に耐えられなくなることがたたありました。

 

それならと、お見合いサイトに登録しました。男性の会員の方は入会するのにもお見合いするのにも女性の会員より金額が高いので生半可な気持ちでは登録できないと、仲介会社の人はゆっていました。見た目の容姿はわかりませんが、mailで自分のプロフィールと自己紹介をして仲介会社が間に入り、私のタイプに合う人の自己紹介とプロフィールを持ってきて、内容がお互い気に入ったらご対面という感じのお見合いサイトで、mailアドレスも相手にはわからず、mailができ、気に入ったら2000円で某ホテルの喫茶店で仲介会社の人と待ち合わし、お互い飲み物を頼んでそこで少しお話ししてそのあと2人でどこか行くのもよし、そのままそこで解散するのもよしという感じでした。お見合いの時は周りの目も気にならないし、年齢も身長もmailで自分のタイプを指定できるのできるのでなかなか楽しめました。2対2で友達同士でもお話しすることもできました。何回か一人で参加しました。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:28:02

本当に結婚がしたくて婚活をする事は良い事だと思うけれど

 

私は、1人でいるより結婚した方が両親も安心するだろうと思い、婚活を始めました。結婚相談所に登録して、パソコンで良い感じの人がいたらお見合いを申し込むといった内容のものです。ダラダラとしていてもお金も掛かるし、あれこれ考えて、中々踏ん切りがつかないと思ったので、三カ月間限定のコースに申し込みました。そして、3回お見合いをしました。その中の1人と交際をはじめました。

 

交際スタートから薄々は気付いていたのですが、何度かあっている内に、すごくお金に細かいというより、単なるケチという事がわかりました。それに女性とほとんどお付き合いをした事が無いらしく、デートの仕方や常識で考えても分かりそうな事も全く分からなかったのです。その事で、嫌になり、交際を止めると言ったのですが、その都度、「ゴメン、別れたくない」と言われたので、結婚するには外で良いカッコしたり、ヘラヘラしている人よりいいかな?と思い交際を進めていました。

 

色々な出来事を結婚相談所のスタッフに話したら、その人とは結婚はやめた方がいいと言われました。もっといい人が見つかるから心配しなくていいと言われたのですが、また、1からやり直すのも面倒だったし、一緒に生活していけば、妻として尽くせば何とかなるかも…と思い、結婚しました。男性の考えは結婚してしまったら、こっちの物と、自分に得になる事ばかり考えていたようです、でも、結婚したのだから、上手くやって行きたいと、色々しましたが、相手には伝わる事がなかった。私も気が弱いわけではないのでそんな扱いに従わなかったら、もっと最悪な態度になっていきました。そもそも、好きでもなく、どちらかと言うと嫌いだったので、何の未練も無くすぐに別れました。

 

こんな気持ちのまま結婚した私も悪いが、男の考えも最悪で、最悪なもの同士が結婚したみたいで、好きな人と結婚しても上手くいかない事もあるのに、そもそも好きでもない者同士、上手くいくはずが無かったのだと、結婚相談所で知り合って上手くいっているご夫婦もたくさんいると思いますが、結婚相談所のスタッフの言葉に、耳も傾けず突っ走ってしまった、この経験から、やっぱり好意を持っている相手と結婚した方が良いし、嫌だと思ったら相手が謝ろうが仏心は自分を苦しめるだけだし、経験者の言葉には従ったほうが良いという事が分かりました。

続きを読む≫ 2016/02/02 13:28:02